2006年09月23日

2年前、高校相撲界を沸かせたふたりの力士が関取になった

 久々の更新だ。
 更新する気になったのは、2年前、高校横綱になった澤井が幕下優勝し、十両昇進を決めたからだ。
 澤井は埼玉栄高出身。その当時から、大相撲で活躍しそうな雰囲気を持っていた。彼には、好敵手もいた。高知・明徳義塾の影山で、大相撲ではひと足先に十両に昇進している。四股名は栃煌山(トチオウザン)。彼も、高校時代から大物感を漂わせていた。
 来場所はプロになったライバルが、関取として対決することになる。この対戦も楽しみだし、外国人ばかりが目立つ大相撲にも、日本人の有望な若手が出てきたことを喜びたいし、多くの人に知ってもらいたい。
 外国人だって、いい相撲を見せてくれればいいんだけど、やっぱり大相撲が盛り上がるためには日本人で強い力士がいないとね。
posted by アイザワ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24266259

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。