2005年08月13日

ふたたび世界陸上のTBSにひとこと

 3日前の日記にも世界陸上中継のことに触れたけど、また指摘したいことがあった。

 澤野大地が出場した棒高跳び決勝についてだ。

 5メートル35からスタートしたのは澤野とランス(ベルギー)だけで、ふたりともクリア。
 勝負は実質、5メートル50から始まった。
 澤野は、これを1回でクリア。が、強風と雨という悪条件下で3人がクリアできず、澤野は決勝に残った12人中、9人に入った。

 問題は次の5メートル65だ。
 本来なら、この高さは楽々とクリアする有力選手が、悪天候に翻弄されて次々と失敗する。
「ひょっとすると、5メートル65がメダル獲得ライン?」という雰囲気が漂いだした。
 その期待感だろう。アナウンサーのテンションが上がり、「澤野、頂点は近い!」、「メダルまでもう少し!」といった言葉を発しだした。
 ここまではいい。
 が、4人がこの高さをクリアし、澤野が2回失敗後の3回目、つまり最後の挑戦の時も、この言葉を続けたのだ。
 澤野が、もしこの高さをクリアしたとしても5人目に過ぎない。しかも、まだ跳べていないのだ。
 「頂点」だとか「メダル」だとか言えるのは、跳んでからの話でしょ?

 棒高跳びのルールをよく知らない人やここからテレビを見始めた人は、「跳べばメダルなのか」と誤解するだろう。「これを跳べばベスト5人に入り、メダルの可能性も見えてきます」と冷静に解説すべきところなのだ。
 
 見ているこっちだって、澤野にはなんとかクリアして欲しいと固唾を属んで見守っている。
 画面からは緊迫感も十分伝わってくる。
 そこに割って入る「頂点!」の連呼。
「頂点って、そりゃまだ早いだろう」と画面に向かって何度つっこんだことか。

 結果は3回目も失敗して、澤野は8位。
 同じ8位でも、このアナウンスは澤野に対する評価も左右すると思う。

「頂点・メダル」の連呼で目一杯期待する→8位→な〜んだダメじゃん。
冷静な状況説明を聞いて挑戦を見守る→8位→頑張ったけどメダルには届かなかった。でも、世界選手権・跳躍種目で日本人初の入賞はすごい。

 こういう差になるはずだ。

 アナウンサーだって、為末や末続ほど知名度がない澤野をアピールしなければならない状況に置かれて力が入るのはわかる。でも、これじゃ、ひいきの引き倒しだ。


 これも担当アナの責任というより、「絶叫での盛り上げ」をよしとするテレビ局サイドの問題だろう。最近のスポーツアナウンサーの実況については、まだ言いたいことがあるので、後日また書きます。





posted by アイザワ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。