2005年08月19日

高校野球には背を向け、高校水球の準決勝を見てきた

 高校野球の準決勝2試合は、とても魅力ある組み合わせになった。これまで見てきた関係上、見逃したくはない。

 だが、野球はテレビでダイジェストが放映されるわけだし、試合会場へ行かなければ見られない高校競技を見に行くことにした。
 インターハイの水球である。

 野球に比べれば、はっきり言ってマイナー競技だ。が、全国の上位を争うチームのレベルは相当高い。今日は準々決勝、準決勝が行われた。その真剣勝負をナマで見たかったのだ。

 ベスト8に残ったのは、埼玉栄・秀明英光(埼玉)、富山北部、前橋商(群馬)、津田学園(三重)、金沢市立工(石川)、幕張総合(千葉)、明大中野(東京)。
 そして準決勝は富山北部−埼玉栄、秀明英光−前橋商の戦いになった。

 結局6試合見られたわけだが、いずれも熱戦だった。
 水球は「水中の格闘技」と呼ばれることもあるほどで、プレーはとても激しい。ゴール前では相手の体を引っ張ったり、のしかかったり。ボールを奪う振りをして、張り手を食らわしている選手もいた。もちろん、あからさまな妨害プレーをすると反則を取られ、「退水」という目に遭う(20秒間コートの外に出なければならない)。が、それも辞さないファイトあふれるプレーには熱くなった。

SANY0103.JPG

 水球はヨーロッパではサッカーに迫る人気競技。見れば面白いのになあ。

 日本では野球が光とすれば水球は陰。
 しかし、陰でも力の限りを尽くしてプレーしている選手たちはいる。
 その真剣なまなざしは、甲子園の球児と少しも変わらなかった。

 明日の決勝戦は、富山北部高と秀明英光高の対戦だ。
 
posted by アイザワ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。