2005年09月15日

ラグビーのトップリーグが始まるんだけど…

 今週末の17日(土)から、ラグビーのトップリーグが始まる。
 トップリーグは2年前にスタートした。それまで関東、関西、九州の3つの地区別に行われていた社会人リーグを改変、トップの12チームを地域関係なしに対戦させるようにした日本最高峰のラグビーリーグ戦だ。

 でも、一般の人は「トップリーグ?、何それ?」って感じだ。
 3年前まで高校ラグビーの専門誌の記事を書いていたこともあって、ラグビーは長年観てきた。その感覚でいうと、ラグビーのマイナー競技化が進んでいるような気がしてならない。
 以前は早明戦を頂点としてラグビーは結構人気があった。今でも早明戦は観客は入る。だが、スタジアムに一大決戦という緊迫感あふれる雰囲気はない。両校の学生やOBを中心としたファンが、「お祭りだから」という感じで観ている空気なのだ。

 早明戦がこんな風だから、他の大学の試合やトップリーグ、高校の試合などは、さらに注目度が低くなってきている印象がある。
 もちろんスタジアムには熱心なファンがそれなりにいる。ラグビーは一度その面白さを知ったら離れられなくなる奥の深いゲーム。そのため、ラグビー以外のスポーツは観る気がしないという「ラグビー原理主義者」もかなりいて、そういう人たちが真剣に試合を見つめている。だが、ちょっと面白そうだから来てみたという人たちが、少なくなっている。コアなファンだけの楽しみになっていて、幅広いファンが集まる場ではなくなっているのだ。

 これはテレビや新聞などのメディアの責任が大きいと思う。ニュース番組には必ずスポーツコーナーがあるが、報じる内容はどこも同じ。プロ野球、メジャーの日本人選手の成績、Jリーグ、ゴルフの藍ちゃんや卓球の愛ちゃんなど時の人の情報など横並びだ。それだって悪かないけど、もっと独自のネタをやる気はないのかね。たとえば、ウチの局はトップリーグをしっかりフォローしますとか(他にもバレーボールとかバスケットボールとかアメリカンフットボールとか、競技はいっぱいあって、それなりにとりあげる価値はあると思うんだけど)。

 トップリーグに関しては、Jリーグのようにマスメディアを取り込めなかったという問題はある。でも、メディアの側の対応も、冷た過ぎるような気がする。

 ともあれ、トップリーグは世間的にはあんまり注目されていないけど観れば面白い。選手のプレーからは真剣さが伝わってくるし、感動するシーンも少なくない。私は別にトップリーグの関係者ではないけど、今週末からリーグ戦が始まることは多くの人に知っておいてもらいたい。で、気が向いたら、スタジアムにも足を運んで欲しいと思っている。
posted by アイザワ at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早明のスクラムから煙か湯気かが上がっていたころと比べると、ぬるい感じが漂っているのは否めませんね。レベル動向とは別に。
取り上げないマスコミもいかんですが、ラグビーの関係者の方も野球やサッカーの真似しに終わることのないようにと願っています。この競技にしか表現できないものがあると信じていますし、かつては確かにそれを見ていたと思います。
盛り上げましょう、ラグビー。
Posted by 李白 at 2005年09月15日 01:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。