2005年09月27日

遅ればせながら野口みずき選手、日本最高記録更新おめでとう

 昨日は大相撲のことしか書かなかったけど、ベルリンマラソンもしっかり観た。
 アテネ五輪の金メダリスト、野口みずきの日本最高記録更新、見事だ!
 すごいとしか、言いようがない。

 大変なプレッシャーだったはずだ。
 五輪から1年ぶりのフルマラソン。金メダリストとして失敗は許されない。
 記録更新のためのペースメーカーをつけ、記録更新を最大の見どころにした中継番組がゴールデンタイムに行われる。これは大変なことだ。
 たぶん野口には、余計なプレッシャーを与えないため、競技に集中できる環境が用意されたと思うが、それだって記録を更新しなければシャレにならないことぐらいは判る。それに予想以上の高温もあった。
 そんな中、関係者の期待通りに、日本最高記録、2時間20分以内突破、世界3位の記録で走りきったのは、すごい。

 でも、すべてを観続けるのは正直シンドかった。
 見どころは記録だけ。勝負のかけひきなんか、まるでない。
 昨年、渋井陽子が日本最高記録を作った時も感じたが、あらかじめ予定された計画(すごいことなんだけど)を忠実に実行する姿を見せられている感じで、スポーツに欠かせない「勝った負けた」の感動がないのだ。
 というわけで、私は同じ時間帯にやっていたプロボクシングのW世界タイトル戦、長谷川穂積と新井田豊の試合を優先して観ていた。

 野口みずきの日本記録更新は文句なしですごい。でも、スポーツとしては少し違和感があった。




 
posted by アイザワ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。