2005年10月17日

祝!千葉ロッテ優勝。1球1球を、こんなに真剣に見たのは久々だ

 パリーグ・プレーオフ最終戦は、見ごたえのある試合だった。
 千葉ロッテが勝って、31年ぶりのリーグ優勝を果たしたわけだけど、随所にドラマがあった。

 ロッテの逆転のきっかけを作ったのは、今年限りで引退が決まっている初芝だ。ボテボテのゴロが三遊間に飛んで、バティスタと川崎が交錯。そのおかげで初芝は1塁セーフになった。あの1打がなかったら、ロッテは逆転できなかったかもしれない。そうなれば初芝は、優勝の喜びを知らずにユニフォームを脱ぐことになる。どんなホームランよりも価値がある3塁ゴロだったわけだ。優勝が決まって本当に嬉しそうにしていた初芝の笑顔が、よかった。
 それから、9回裏に登板した小林雅の投球にもしびれた。第3戦で、まさかの4失点を食らったピッチャーだ。今日も、ノーアウトから四球でランナーを出した。並みの選手だったら、ここで前回の悪夢がよみがえって、平常心ではいられなくなる。だが、小林雅はそんな素振りは見せず、渾身の投球で抑え切った。ホントに1球1球に目が離せなかった。

 バレンタイン監督の胴上げの輪の中には、試合に出られなかったジョニー黒木がいた、小坂もいた、小宮山もいた、堀もいた。ロッテの顔としてプレーしてきた男たちが、みんな笑っていた。
 感激屋の黒木は泣いていた。チームが苦しんでいる時、完調じゃなくて出ていけない自分が、ふがいなかったに違いない。その思いが、涙に表れていた。

 ソフトバンクの選手たちも、必死で戦っていた。
 だから、息が詰まるような好試合になったのだろう。

 ともあれ、こんな熱戦を中継してくれたテレビ東京には感謝しなくっちゃ。 
posted by アイザワ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8270909

この記事へのトラックバック

ロッテこの調子で日本一だ
Excerpt: 17日に行われたプレーオフ第2ステージ5戦目で ロッテマリーンズが31年ぶりにシーズン優勝を決め 日本シリーズに進出を決めこの調子で日本一だ 3戦目でホークスにサヨナラ勝ちされて流れを持って..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-18 06:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。