2005年10月27日

ロッテが4連勝で日本一。総決算が、この結果とは…

 日本シリーズ第4戦は、やっと僅少差のゲームになった。でも、その割には、ハラハラドキドキのシーンはなかった。マリーンズが、常に主導権を握っていたからだろう。早めの継投でタイガース打線につけ入る隙を与えなかった。僅少差になったのは、タイガースがJFKをはじめとする投手陣をつぎ込んだからだが、それも後手にまわった。

 昨日も書いたが、一方的な結果をタイガースの岡田監督や選手の責任にするのは酷だ。3週間以上も緊張感のある実戦から遠ざかっていたのだから。
 責任は、こうしたアンバランスな状況を作ってしまったプロ野球機構、セパ連盟、各球団オーナー連にもあると思う。
 プロ野球が危機的状況だといっているけど、本当に危機感を感じているのだろうか。
posted by アイザワ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8634638

この記事へのトラックバック

ロッテ日本一でもツマンナイ
Excerpt:  今日の日本シリーズ4戦目もロッテが3−2で 勝利し4連勝で見事31年ぶりの日本一になった  俺は大阪に住んでるけどロッテファンで嬉しいけど セでは阪神を応援してるけど4試合じゃツマンナイよ..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-10-27 06:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。