2005年10月30日

レッズ−フロンターレ戦には熱くなった

 浦和レッズ−川崎フロンターレ戦をテレビ観戦した。
 負けたらJリーグの優勝争いから脱落するサバイバル戦だけあって、全選手が闘志をむきだしにしてプレーしていて、見ているこっちも熱くなる好試合だった。
 攻め込むレッズに、カウンター狙いのフロンターレの構図だったが、どちらもボランチが活躍して、とにかく攻守のきりかえが速い。一瞬も画面から目が離せなかった。
 結果は3−2でレッズの勝利に終わったが、埼玉スタジアムに足を運んだサポーターたちは、サッカーの面白さを堪能しただろう。行きたかったな。

 ともあれ、これで優勝争いをする3チーム、ガンバ、アントラーズ、セレッソが登場する日曜日の試合が楽しみになった。
 まず、鹿島アントラーズ−セレッソ大阪戦。条件はセレッソが圧倒的に有利だ。ホームゲームであること、7連勝中で勢いがあること、今季の対アントラーズ戦は3戦3勝と圧倒していること、アントラーズは小笠原をはじめ故障者が多いことなどだ。
 だが、セレッソは優勝争いを経験したことがない。優勝を意識し、絶対に負けられないと思い始めると選手は固くなるだろう。また、7連勝もすると「そろそろ負けるのでは」という気持ちもどこかに出始めるはずだ。
 一方、アントラーズは優勝経験豊富。不利な条件が揃っている分、思い切ったプレーできる。一概にはセレッソ有利とはいえない。

 1位・ガンバ大阪はFC東京と戦う。こっちも勝敗はどうなるか分からない。
 ガンバは攻撃力で勝ってきたチーム。だが、前節の大分戦では攻撃の歯車が合わず、負けた。
 守りが堅いチームは大きな崩れはないが、攻撃主体のチームは一度歯車が合わなくなると、崩れるケースが多い。対するFC東京は、もう優勝は関係ない気楽な立場。ホームゲームだし、選手は伸び伸びとプレーできるだろう。

 いずれにしても、この2試合の結果次第で、Jリーグの優勝争いは混沌とした展開になる。
 面白くなってきたな。
 
 
posted by アイザワ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8742805

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。