2005年10月30日

ますます緊迫してきたJリーグの優勝争い

 トップを走っていたガンバ大阪がFC東京に敗れて、まさかの連敗。ダイジェストしか見ていないが、優勝を意識してかたくなっているのか、宮本の不在が響いているのか、チームの歯車が狂い出しているようだ。
 これに勢いづいたのは浦和レッズの選手とサポーターだろう。優勝候補と言われながら、スタートが悪かった上、盛り返したと思ったら、肝心のところで負けるというパターンが続いた。何度スポーツ紙に、「優勝は絶望的」と書かれたことだろう。ところが、気がついてみると、首位ガンバには勝点4の差。次戦の(11月12日)ガンバとの直接対決に勝てば、勝点1差に接近する。この1戦は、どちらも絶対負けられない。緊迫あふれる試合になることは間違いない。

 今日のもう一試合、セレッソ大阪−鹿島アントラーズ戦は引分けに終わった。勝つ要素はセレッソの方があったのに、負けないところが経験豊富なアントラーズらしい。
 勝点は1位ガンバ=54、2位アントラーズ=53、3位レッズ=50、4位セレッソ=50、5位ジェフ=49と5試合を残して団子状態になった。優勝争いは、この5チームに絞られたと見ていいだろう。面白くなってきたなあ。
 今一番いいサッカーをしていて、位置的にも優勝を意識しないで伸び伸びプレーできるジェフあたりが、スルスルと上がってきたりして…。
 いずれにしても、11月はJリーグの優勝争いで盛り上がれそうだ。

 なお、私はライターという仕事をしている習性からか、どのカードもまんべんなく楽しんでしまうタイプだ(密かに応援しているチームはあるが)。
posted by アイザワ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8780487

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。