2005年11月15日

駒大苫小牧、明治神宮野球大会も優勝! 手がつけられない強さだ

 夏の甲子園連覇の快挙を達成したと思ったら、秋季国体でも優勝。そして今度は明治神宮野球大会の頂点に立った。これで今年3度目の日本一。こんな芸当は、どんなに好素材を集めた高校でも、まずできるものではない。駒沢苫小牧の強さはホンモノだ。

 選手では、やはりエース・田中将大がすごい。150キロ近いストレートとキレのよいスライダー、鋭く落ちるフォークを織り交ぜた投球は、すでにプロ並み。高校生では、まず打てそうもない。
決勝のスコアも5−0。当然のごとく完封してしまった。
 それになにより闘争心をむき出しにしたプレーが、見る者を熱くさせる。3年生で迎える来年が楽しみだし、ドラフトでは大騒ぎになるに違いない。

 また、その田中に頼ることなく、しっかり得点する打線、しっかり守る守備も見事。この2年間の駒大苫小牧の活躍によって「北国のハンデ」など、死語になりそうだ。
posted by アイザワ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

駒大苫小牧 明治神宮野球大会も優勝 史上初の3冠達成
Excerpt: 明治神宮野球大会最終日は15日、神宮球場で行われ、高校の部の決勝で、今夏の甲子園大会で2連覇を達成した駒大苫小牧(北海道)が、関西(中国)を5−0で下して初優勝した。 来春の選抜高校野球大会では「..
Weblog: ノー天気ニュース
Tracked: 2005-11-16 09:08

駒大苫小牧高・神宮大会も制す
Excerpt: 先日、父の車の中の掃除をしていたら、とあるスポーツ新聞が出てきた。 2004年8月13日付の日刊スポーツ。アテネオリンピック開幕を彩るその横に、小さく書かれていたのが、 「駒大苫小牧・春夏通じて甲子園..
Weblog: 北の国から徒然日記
Tracked: 2005-11-16 10:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。